コラム

低価格の法人クリーニングなら、さくらクリーニングで
さくらクリーニング
0120-396-921

2022/07/15 仕上がりが綺麗なTシャツの洗濯・干し方

仕上がりが綺麗なTシャツの洗濯・干し方
1年通して1番着る衣類って「Tシャツ」ですよね。
その分洗濯も多くするので痛みやすいものもTシャツだったらりします。
でも生地が柔らかい分実は手を抜いてしまうとすぐによれよれだったり、シワシワになったりしちゃうんですよね。
今回は仕上がりが綺麗なTシャツの洗濯・干し方のポイントをまとめてみました。

▼洗濯時のポイント
・裏返して洗う
圧倒的に生地が傷みません。
ただ、汗よこれなど気になりますので液体洗剤を脇・首周辺に塗ってから洗濯機を回しましょう。

・色分けはしっかり
Tシャツに色移っているなんて失敗、身に覚えありますよね。
Tシャツは特に色移りがあるので色分けは徹底しましょう。


▼干す時のポイント
・手アイロン
脱水後のTシャツをテーブルなどの平たい所に置いて、手で襟・首まわりを整えたら、アイロンをかけるようにシャツのしわを伸ばします。
15分ほど放置するだけでびっくりするくらいしわが取れ、キレイなTシャツに仕上がります。
※15分待つのがイヤな私は洗濯物を脱水後すぐにTシャツを手アイロンして、その間に他の洗濯物を干し最後にTシャツを干します。
さらにお気に入りのTシャツなら普通のアイロンをするとパリッときれいに仕上がります。

・逆さ干し
袖を通すのは面倒だなぁという場合は、物干し竿に“逆さ干し”にすればOKです。
バンザイ状態になるのでシャツの襟が横広がりにならないうえ、脇も乾きやすく、胸まわりもシャツの重みでシャキッと伸びます。

▼色落ちが気になる場合
色落ちしやすいかどうかは、染色技術や染料などいくつかの要因があり、一概に言えません。
どうしても気になる場合は、クリーニング専門店に任せた方が無難です。

それでも自宅で干したいあなたは以下のポイントを押さえ、色落ちを最小限にしましょう。
・必ず裏返しにする(表が汚れている場合は要・部分洗い)
・目の細かいネットに入れる
・陰干しする
・完璧な色分け洗い

今年の夏はパリッとしたTシャツで出かけましょう。