コラム

低価格の法人クリーニングなら、さくらクリーニングで
さくらクリーニング
0120-396-921

2022/03/01 ノロウィルスで汚れた衣服の洗い方

ノロウィルスで汚れた衣服の洗い方
子供の病気の看病って本当に大変ですが、その中でも特に手間がかかるのが「嘔吐の対応」ですよね。
今回は、特に注意が必要な「ノロウイルスによる汚れた衣服の洗い方」を紹介しますね。

▼ノロウイルスはなぜ注意が必要なのか?
ノロウィルスの症状として、下痢やおう吐などの症状を引き起こします。
その感染経路は、
①食べ物から
ノロウィルスが蓄積された貝類やノロウィルスが付着した食べ物を食べて感染
②感染した人から
ノロウィルスに感染した人の便やおう吐物を処理した時手指などについたウィルスが口に入り感染
の2パターンが考えられます。
嘔吐はいきなり始まり、その嘔吐の原因がノロウイルスかの判断は難しいんです。
だから嘔吐した場合は最悪の場合を考えて慎重に対応しましょう。

▼嘔吐した衣服の洗い方

《準備するもの》
・成分に「次亜塩素酸ナトリウム」が含まれるハイターやブリーチ、ミルトンなど
・バケツ
・使い捨てビニール手袋
・キッチンペーパー
・レジ袋 複数枚
・マスク

《手順》
①消毒用に、ハイターやブリーチ、ミルトンを水で希釈した「次亜塩素酸ナトリウム液」をバケツに作ります。
1番コスパがいいのはブリーチですよね。私もよく使っています。

ブリーチ:水=1:50

ペットボトルのキャップがおよそ5?なので参考にしましょう。

②二次感染を防ぐため、「使い捨てビニール手袋」「使い捨てエプロン」「マスク」を着用します。
③嘔吐物が飛び散らないように、衣類についた嘔吐物をキッチンペーパーで拭き取り、レジ袋に捨てます。
④①のバケツに30分ほど汚れた衣服をつけおきします。
⑤時間がきたら衣類を取り出して、普段通り洗濯機で洗濯しましょう。

以上です。
多少準備が必要ですが要領を心得たら、すぐに対応でき感染を防ぐ事ができます。