コラム

低価格の法人クリーニングなら、さくらクリーニングで
さくらクリーニング
0120-396-921

2022/01/01 水洗いとドライクリーニングの違いは?

水洗いとドライクリーニングの違いは?
クリーニングの種類って色々ありますよね~。
ドライクリーニングや水洗いクリーニングなどなど。
クリーニング屋さんに行って、「どちらにしますか?」なんて聞かれても
「えっ?」って感じです。。。
なので、今回は「水洗いクリーニングとドライクリーニングの違い」をご紹介します。

▼水洗いクリーニングとは?
水洗いクリーニングは、その名前の通り水を使って洗う方法です。
水洗いができる衣類を洗剤や漂白剤と共に洗う洗濯方法です。
クリーニング屋さんでは、水洗いと言いますが主に温水(40℃前後)で洗っています。

▼ドライクリーニングとは?
ドライクリーニングは、水を使わないで洗う方法です。
有機溶剤を使って洗うことで衣類へのダメージを抑えることができます。
洗濯表示タグにドライマークがついている物はこの方法で洗いましょう。

▼水洗いとドライクリーニングは、どう選ぶ?
水洗いは、ワイシャツやTシャツ、タオルなど直接肌に触れる衣類を洗うのに適しています。
ジュースやお酒などの液体のシミを落とすのに最適です。
汗は、皮脂が油性なので水洗いとドライクリーニングの両方を行うとよりキレイになります。

逆にドライクリーニングは、水で洗うと型崩れや縮み、色落ちは発生してしまうものに最適です。
ウールやカシミア、シルクなどがそうです。
また、化粧品や油などの油性の汚れやシミに効果があります。

▼迷ったらクリーニング屋さんに相談しよう
値段や素材は関係なく、大切にしている洋服があればクリーニング屋さんに相談してみましょう。
水洗いクリーニングができる洋服でもドライクリーニングできるのか?
逆にドライクリーニングの洋服でも水洗いクリーニングできるのか?など。
素材や汚れの状態から適した洗い方を教えてくれますよ。

さくらクリーニングでは、自宅まで取りに伺いますのでお忙しい方、お車をお持ちでない方でも大丈夫です。
ぜひ、一度お試しください。