コラム

低価格の法人クリーニングなら、さくらクリーニングで
さくらクリーニング
0120-396-921

2021/03/01 ジャケットのお手入れ方法

ジャケットのお手入れ方法
毎日お仕事お疲れ様です。
スーツでお仕事される方はお手入れをどうすべきか、クリーニングに出す頻度などに悩まれる方も多いと思います。
ここではジャケットを長持ちさせるためのお手入れ方法やクリーニングに出す頻度などをご紹介します。

▼ジャケットのお手入れ方法

・ジャケット着用後はブラッシングして汚れを落とす(ほこり等の見えない汚れがたくさん!)
ハンガーにジャケットを吊るして、上から下へブラシをかけます。
ポケットに財布や携帯などが入っている場合はポケットから取り出して休ませてあげましょう。

※連続で着用すると生地へのダメージが蓄積されてしまいますので、何着かローテーションするようにしましょう。

▼ジャケットの保管方法

・肩幅のあったハンガーに吊るす
詰め込みすぎず8分目を目安に収納しましょう。マンションなどのクローゼットに仕舞う場合は、密閉性が高いのでたまに開放して風を通してあげましょう。
湿度が高い季節はカビも発生しやすいため乾燥剤を入れておくといいでしょう。

・防虫剤を入れる
虫食いなどの被害にあってしまう可能性があるため長期保管する際は必ず防虫剤を利用しましょう。

▼クリーニングに出す頻度

汚れ具合や使い方によって頻度は変わりますが、夏は2週間に1回。冬は3ヶ月に1回ぐらいがいいでしょう。
汗っかきの人や汚れてしまった場合は、落ちにくくなる前に早急にクリーニングに出しましょう。

▼まとめ
手入れの行き届いたジャケットをビシッと着こなしていると、かっこいいですよね。
営業等の仕事をしている方はより信頼を得やすくなるかと思います。
クリーニングに出さない間はきちんと正しいお手入れをし、長く着用することが出来ますし愛着もわいてくるので大事にすることが出来るのではないでしょうか。