コラム

低価格の法人クリーニングなら、さくらクリーニングで
さくらクリーニング
0120-396-921

2021/02/07 おねしょ布団の正しい洗い方・対処法

おねしょ布団の正しい洗い方・対処法
朝、起きたら「うん?なんか臭う?」
あー。おねしょで濡れている。。。
こんな経験は、お子さんをお持ちの方なら一度は経験していることですよね~。
おむつからパンツの練習中だったりすると特にね~。
汚れてしまったお布団の洗濯は大変です。。。
正しい洗い方・対処法をしないと臭いやカビの原因になってしまいますよ。
なので、今回は「おねしょ布団の洗い方」や「間違った対処法」をご紹介します。

▼おねしょ布団に消臭スプレーはNG
最近は、消臭スプレーの種類も多く、効果も高いですよね。
しかし、おねしょの臭いを取りたいからといっていきなりかけるのは止めておきましょう!
おねしょ自体を取り除かないでシュシュするとニオイが混ざって余計にひどくなりますよ。

▼おねしょ布団の対処法
おねしょ布団にまず行う対処法は、「水分を取り除く」ことです。
オムツがあればオムツの中の部分を当てて水分を取りましょう。
オムツがない場合は、タオルやペットシート、トイレットペーパーなど吸収性の高いものでおねしょを吸い取りましょう。
おねしょが浸透しているシーツや布団、マットレスを上からしっかりと押さえて水分を取るのがポイントです。

次は、「臭いの除去」です。
おねしょの臭いの原因は、アンモニアです。
アンモニアはアルカリ性なので、酸性のクエン酸を使うと効果的です。
①水200?に対して小さじ1杯分のクエン酸を混ぜる
②スプレーボトルに入れて、シュシュと吹きかける
?オムツやタオルで水分を取る

▼おねしょ布団の洗濯方法
シーツなどは、洗濯機などで洗濯すればいいですが、
布団やマットレスは家庭の洗濯機ではなかなか難しいですよね。
そんな時は、シャワーなどを使って部分的に流しましょう。

①40℃前後のお湯で洗い流す
※70℃以上の高温になるとタンパク質が固まるため汚れを落としにくくなります。
②タオルなどで水気をしっかりと取る
?おねしょ部分にクエン酸水を吹きかける
④タオルなどで水分を取る
この工程を何回か繰り返します。

そして、最後に大事なのがしっかりと乾かすことです。
日当たりのいい場所に広げて干しましょう。
裏表しっかりと乾かすことが大事なので定期的にひっくり返してください。
天気が悪い日だとなかなか難しいですが、エアコンや除湿器、扇風機などを活用してください。

▼クリーニングに出す
こんな大変な作業やりたくないですよね~。
そんな時は、クリーニング屋さんに丸投げしちゃいましょう!
洗濯から乾燥まで全部やってくれますよ。

また、クリーニングに出すよりも新しく購入した方が安く済む場合もありますので比べてみてください!