コラム

低価格の法人クリーニングなら、さくらクリーニングで
さくらクリーニング
0120-396-921

2020/09/07 つけおき洗いを簡単に紹介!

つけおき洗いを簡単に紹介!
がんこな汚れ、シミ汚れを落とすときに行うつけおき洗い。
具体的にどんな洗剤を使って、どのくらい時間つければいいの?と疑問に思っている人いませんか?
今日は、つけおき洗いについて色々と簡単に紹介していきたいと思います。

▼つけおき洗いとは?
・つけおき洗いとは、洗濯機を使わないで洋服を洗う手洗いの一種です。
洗剤を混ぜた水に洋服をつけこんで汚れを落とす方法です。
時間をかけて汚れをふやかすのでデリケートな服や、汚れのひどい服の洗濯に向いているのが特徴です。

▼つけおき洗いやり方
①洗面器に水orぬるま湯を入れる
②洗剤を入れる
③洋服を入れてしばらく置く(5~10分)
④脱水する

▼つけおき洗いの洗剤は?
ふだん使いの洗剤で大丈夫です。
汚れがひどい時にはワイドハイターなどの酸素系漂白剤を使うと汚れがきれいに落ちます。
デリケートな洋服を洗う時には、おしゃれ着用洗剤がオススメです。
エマールなどのおしゃれ着用洗剤は繊維に負担が少ないうえに、縮みにくいので安心です。


▼つけおき洗いの時間
基本は5~10分つけるだけです。
汚れによって20~30分、ひどい汚れの場合は1時間前後とつける時間を調節して下さい。
長くつければ汚れがよく落ちると思うかもしれませんが、長くつければつけるほど色柄を落としてしまう可能性があります。
様子を見ながらつけおきして下さいね。

▼つけおき洗い簡単にする方法
洗濯機だけでもつけおき洗いができます。
洗濯機の機種によって違ってきますが、つけおきコースで簡単にできます。
つけおきコースのボタンがない洗濯機でも、洗いの途中で一時停止にすれば、洗剤が水に溶けた状態のまま放置できて
つけおき洗いと同じ効果が得られます。

きれいな洋服で毎日の生活を気持ちよく過ごしましょうね♪