コラム

低価格の法人クリーニングなら、さくらクリーニングで
さくらクリーニング
0120-396-921

2020/08/15 おしゃれ着洗いの基本とコツを紹介!

おしゃれ着洗いの基本とコツを紹介!
おしゃれ着洗いっていう言葉を聞いたことありませんか?
なんとな~く知っている方もいるでしょう。
でも、実際どんな意味なのか。どんな洋服を指しているのか。ビミョーな方もいませんか?
そんな方の為に、今回は「おしゃれ着洗いとは?」なんなのかを紹介したいと思います。

▼おしゃれ着洗いとは?
おしゃれ着とは、デリケートな素材を使った洋服のことを指します。
例えば、シルクやウールなどは普通の洗剤で洗うと毛玉がついたり、伸びたり、縮んだり、毛羽立ったり。
そんなデリケートな洋服を洗うのがおしゃれ着洗剤でおしゃれ着洗いというわけです。

もちろん、特別な素材を使っていなくてもお気に入りで大切にしている洋服もおしゃれ着洗いしてもいいですよ!

▼見分け方は?
おしゃれ着洗いをした方がいいデリケートな洋服の見分け方は、「洗濯表示」タグを見れば分かります。
洗濯機よりも手洗いを推奨している洋服はおしゃれ着洗いした方がいいです。
しかし、そもそも水洗い自体がダメな素材もあるので注意してくださいね。

▼おしゃれ着洗いの方法
おしゃれ着洗いで使う洗剤は、中性洗剤です。
多くの方が使っている「アタック」は、弱アルカリ性。
「エマール」や「アクロン」などおしゃれ着洗い専用の洗剤は、「中性洗剤」です。

そしてもう一つ大事なのが、洗濯ネットを使うことです。
洗濯ネットを使わないで洗うと他の洋服やタオルと絡まって伸びたり、縮んだり、毛羽立ったりします。
なので、キレイに畳んで洗濯ネットに入れることでそのリスクを減らします。

洗濯機のコースも大事です。
「ドライコース」や「手洗いコース」など優しく丁寧に洗えるコースにしましょう。
少しの水で揺らすように洗うため手洗いのように洗えます。
そして、脱水時間を短くする。
脱水は高速回転させることで脱水するので、洋服に負担が掛かります。
数十秒程度で済ませましょう。

お風呂の残り湯ではなく、キレイな水の方がおすすめですね。
お湯だと素材によっては痛んでしまうかもしれないので水の方がいいでしょう。

手間を惜しまない方なら「手洗い」の方がおすすめですね。

▼干し方
濡れた状態が続くとシワになるのでできるだけすぐに干しましょう。
ニットなどは、水を吸って重くなっているのでハンガーにかけると伸びてしまいます。
平干しが理想です。
あとは、風通しが良く直射日光が当たらない日陰干しがいいです。
日焼けして色落ちの可能性がありますよ。

▼クリーニングに出す
こんな大変な作業やりたくないですよね~。
そんな時は、クリーニング屋さんに丸投げしちゃいましょう!
洗濯から乾燥まで全部やってくれますよ。
また、色落ちや頑固な汚れがある場合は迷わずクリーニング屋さんに任せましょう。
失敗してからでは、取り返しがつきませんよ。