コラム

低価格の法人クリーニングなら、さくらクリーニングで
さくらクリーニング
0120-396-921

2020/08/01 シーツの正しい洗い方

シーツの正しい洗い方
人は一晩でコップ1杯分の汗がでると言われています。
ですが、みなさんシーツ洗えていますか?
生地が大きい分、なかなか毎日は洗えないですよね。
私の母は毎日シーツを変える人なんですがそんなの無理ですよね。
でも週1ぐらいは洗った方がいいみたいなんです。
しみついた汗や皮脂は、そのままにしておくと、ダニや雑菌が繁殖したり、黄ばみが出てしまったりする原因になってしまいます。
今回は、正しいシーツの洗い方を紹介しますね。

▼シーツの正しい洗い方
「どのコースで洗った方がいいの?」ってなりますが、通常のコースで大丈夫です。
※種類によっては、洗濯表記で手洗い推奨のものもありますので洗う前に確認しましょう。

▼洗う際の注意
・洗濯ネットを活用しましょう
シートは大きい生地なのでそのままで洗ってしまうと、洗っている間にねじれてしまい綺麗に洗えないことがあります。
毎日洗えないシーツだからこそ、1回の洗濯は丁寧に的確に洗いましょう。

▼干す際のポイント
《物干し竿が2本の場合》
布がM字になるようして干すと、布の間に空間ができて風通しが良くなります。 

《物干し竿が1本の場合》
竿にハンガーをかけておき、布と布の間に空間を作ればOKです。
1本の竿にかけただけで乾かすよりも、早く乾きます。

※干す時間が短い方が衛生的にも安心です。できるだけ早く乾く天気を選びましょう。

《室内干しの場合》
干す場所を作るのも大変なので、浴槽乾燥がついている場合はお風呂場で完全に乾かしましょう。

さらに大事なポイントとして、乾きムラができないようにピンと張った状態で干すことも大事なんです。
シーツについた雑菌やダニを撲滅する意味で、ある程度の日光消毒は必要です。
シーツは過度な紫外線で劣化しやすい性質を持つため干し過ぎは禁物です。
ある程度乾いたら半日陰や日陰に移すなどして完全に乾かせる事をおススメします。
高温の熱で乾燥させる乾燥機には、ダニを死滅させる効果もあるんです。
ダニが気になる方は、外干しだけでなく時には乾燥機を利用してみて下さい。
私も乾燥だけコインランドリーに走っています。
気持ちいんですよね、なんだかいつもより良く寝れる気がします♪