コラム

低価格の法人クリーニングなら、さくらクリーニングで
さくらクリーニング
0120-396-921

2020/11/07 洗濯でタオルをふわふわに仕上げる方法は?

洗濯でタオルをふわふわに仕上げる方法は?
ふわふわしたタオルで顔や身体を拭くと幸せな気持ちになりますよね。
初めはふわふわしていたタオルが、いつの間にかゴワゴワになってしまって悲しい思いをした経験ありませんか?
実は、原因は洗濯方法にあったんです。
洗濯次第でふわふわにもゴワゴワにもなるタオルの、ふわふわに仕上がる方法をご紹介します。

▼なんでゴワゴワするの?

・乾燥しすぎている
長時間タオルを干していると、水分が蒸発しすぎてしまい繊維が硬くなってしまいます。
・洗剤が残っている
洗剤の量が多すぎたりすすぎが足りずに洗剤がタオルに残っている場合は洗剤のカスが繊維に付着してしまいます。
そのカスは乾燥すると固まり、繊維が立ち上がるのを邪魔してしまいます。
・濡れたまま長時間放置
洗濯した後に濡れたまま放置していると雑菌が繁殖します。その雑菌が繊維を傷つけてしまいます。

▼ふわふわに仕上げる洗濯方法

・粉洗剤は石鹸カスが残りやすい為、液体洗剤をオススメします。もし使う場合は、水と洗剤を攪拌して使ってください。
・洗濯物は詰め込みすぎない。
・洗剤の量は水位に対して規定量を守る。
・タオルを干す時は上から下へ振り下ろすようにタオルを大きく振る。大きく振ることによってパイルが起きて、乾燥後に大きな差が出ます。
・タオルがうっすら湿った状態になるまで干したら乾燥機を使う。60℃で10分程度乾燥機に掛けると空気を含むので立ち上がりふわふわの仕上がりになります。
 
▼まとめ
いかがでしたか?
実はタオルの収納にもふわふわを保つために必要なたたみ方があるんです。
くるくると丸めて立てて収納するとパイルがつぶれることなく、ふわふわのまま収納することができます。
新しいタオルも箱に入れたままにしていることが多いと思いますが、洗濯してから収納することをオススメします。