コラム

低価格の法人クリーニングなら、さくらクリーニングで
さくらクリーニング
0120-396-921

2020/10/07 黒ずんだワイシャツの落とし方

黒ずんだワイシャツの落とし方
毎日活用ワイシャツを活用する方にとって気になるのは黄ばみや黒ずみ。
毎日洗濯しても次第に黄ばみがでるのは仕方ないことです。
そんな方のために今日はワイシャツの黒ずみを落とす方法をご紹介します。

▼黒ずみの原因は?
実は黄ばみや黒ずみの原因は皮脂汚れです。
皮脂汚れが空気に触れて酸化すると黄ばみになります。
黒ずみは皮脂汚れが蓄積していくとできる汚れなんです。
できてしまった黒ずみの落とし方を早速紹介。

用意するもの
食器洗い洗剤と歯ブラシ

01.食器洗い洗剤と歯ブラシでかき出す
黒ずんだ部分に食器洗い洗剤をつけます。
その後、一定方向に歯ブラシを動かして汚れをかき出していきます。
強い力を加えると生地が傷んでしまうので、優しく丁寧に行うことがポイントです。

02.すすいで洗濯機へ
皮脂汚れが溶けやすい40度程度のお湯ですすいでください。
お湯が熱すぎると生地が傷んでしまったり、火傷してしまう可能性のあるので注意です。
すすぎが終わったら洗濯機に入れて、標準コースで洗濯して完了です。


▼黒ずみは洗濯する時に少しだけ工夫するだけで予防できる。
黒ずみの原因は皮脂汚れと説明しましたが、その皮脂汚れを毎日の洗濯を少し
変えるだけで予防できちゃいます。

1.粉洗剤を使う
皮脂汚れは酸性ですが、液体洗剤はほとんどが中性。
そのため、頑固な皮脂汚れを洗い落とすのには実はあまり向いていないんです。
皮脂汚れのついた衣類を洗うなら、アルカリ性の「粉洗剤」がベスト。
液体洗剤は、皮脂汚れが少ない冬場の洗濯や軽い汚れの時に使うのがおすすめ。

2.洗剤の使用量を守る
洗剤が少なすぎると洗浄力が落ちてしまい、
多すぎると石鹸カスが残って汚れが蓄積しやすくなってしまいます。
洗剤は水の量に合わせて、使用規定量を必ず守って使いましょう。

3.洗濯機に詰め込みすぎない
水の量に対して洗濯物が多すぎると、洗濯機の中で衣類自体が動かず
ただ回っているだけの状態になってしまいます。
そうなると洗剤や水が行き届かず、汚れが落としきることができなくなってしまいます。
洗濯機には少し余裕を持って入れたほうが、汚れが落ちやすくなりますよ。

▼頑固な黒ずみ汚れはプロにお任せ
今回ご紹介したお手入れ方法を実践してみても、
落ちない黒ずみはクリーニングで解決できるかもしれません。
クリーニングの水洗いは水の温度や洗剤などを衣類に合わせて洗浄するので、
ガンコな皮脂汚れにもダイレクトにアプローチしていきます。
家庭では落とせなかった黄ばみや黒ずみも、一度で取れることがあるのでそんな時は
是非プロにお任せくださいね。